『AATU(アートゥー)』キャットフードの徹底評価【口コミ・評判】

AATU(アートゥー)キャットフードは「動物性タンパク源となる肉の割合が多い」「穀物不使用・グルテン不使用・ジャガイモ不使用」「主原料には生肉を使用」が特徴的なイギリス産のキャットフードです。

執筆:運営本部

AATUの特徴

2016y08m29d_173603750

AATUの基本情報

メーカー AATU
ブランド名 AATU(アートゥー)
商品名 チキン(成猫用)
参考価格  1,026円/200g(amazon価格)
1kg当たり 約5,130円
原産国 イギリス

AATUの特徴

  • 動物性タンパク質が豊富
  • 主原料は新鮮な生肉使用
  • 穀物不使用のグレインフリー

AATUキャットフードは動物性タンパク質が豊富なキャットフードです。猫は動物性タンパク質を重要な栄養源としているため、AATUではその要求に応える形で動物性素材を中心に作り、動物性タンパク質の供給源となるフードに仕上がっているのです。また、主原料である肉は生肉を使用しています。鮮度が高く、栄養価が高い生肉を使用しているキャットフードは限られます。プレミアムキャットフードと言われるフードの中でも新鮮な生肉を使用しているフードは多くはありません。

また、穀物アレルギーのリスクをなくすために、AATUは穀物を一切使用しないグレインフリーになっています。穀物不使用、グルテン不使用、ジャガイモ不使用と食物アレルギーへの配慮がなされています。

AATUの原材料と成分

原材料
85% 鶏肉(50% 鶏生肉(骨抜き)、35% 乾燥チキン)、サツマイモ、ヒヨコマメ、サーモンオイル、エンドウ、アルファルファ、タピオカ、リンゴ、クランベリー、ナシ、ブルーベリー、マルベリー、オレンジ、ビルベリー、コケモモ、ニンジン、トマト、チコリ、ペパーミント、パセリ、シナモン、マリゴールド、セイヨウイラクサ、カモミール、ローズヒップ、ユッカ、スピルリナ、海藻、アニス果、フェヌグリーク、オレガノ、セージ、マジョラム、タイム
原材料の評価
第一主原料 鶏生肉
第二主原料 乾燥チキン
第三主原料 サツマイモ
油脂類 鶏肉、サーモンオイル
アレルゲン 無し
酸化防止 無し
添加物 無し
点数 18点/21点中

主要原材料

鶏生肉、乾燥チキン

AATUの第一主原料は鶏肉です。この鶏肉は全体の85%を占めています。内訳は鶏生肉が50%、乾燥チキンが35%です。原材料に占める鶏肉の割合が大きく、動物性素材中心のキャットフードである事が分かります。キャットフードの原材料は仕入れコストが安い穀類が中心素材になりがちですが、AATUでは贅沢に鶏肉を多く使用しています。そのため、良質なタンパク源となるキャットフードと言えます。また、生肉を使用している点も高く評価出来るポイントです。生肉は鮮度が高く、栄養価も高いため、第一主原料では理想的な原材料です。

サツマイモ

第三主原料ではサツマイモを使用しています。サツマイモは消化率が高い炭水化物源の食材です。一般的なキャットフードで使用される炭水化物源には、トウモロコシや小麦粉、大豆といったものがあります。しかし、それらは消化率が悪く、食物アレルギーの原因となりやすい食材です。一方、サツマイモは消化率が良く低アレルゲン食材です。栄養価も高く、プレミアムキャットフードの炭水化物源として利用されることが多い、良質な素材です。

鶏肉、サーモンオイル

油脂ではサーモンオイルが使用されています。サーモンオイルは魚油同様にオメガ3脂肪酸が多く含まれているのが特徴です。DHAやEPAで知られているのがオメガ3脂肪酸です。また、原材料では特に記載は無いものの、おそらく第一主原料である鶏肉も脂質源として利用されているのでしょう。鶏肉の脂にはオメガ6脂肪酸が多く含まれています。このオメガ6脂肪酸はオメガ3脂肪酸とバランス良く摂ることによって皮膚や被毛の健康を守ってくれます。

添加物

無し

原材料を見てみても添加物の記載はありません。プレミアムキャットフードですので、おそらく何も添加物は使用していないのでしょう。また、酸化防止剤に関しても特に記載はありません。おそらく、天然由来の酸化防止剤が使われているのではないでしょうか。

粗たんぱく質 粗脂肪 粗繊維 粗灰分 水分 炭水化物(推定)
32.0% 20.0% 2.5% 9% 7% 29.5%
オメガ6 オメガ3
3% 0.7%
成分の評価
項目 目安 含有 評価
タンパク質 26%以上 32%以上
脂質 9%以上 20%以上
繊維質 4%以下 2.5%以下
灰分 9%以下 9%以下
水分 10%以下 7%以下
炭水化物(推定) 35%以下 29.5%
点数 13点/18点中

成分から見る

AATUキャットフードは十分なタンパク質量が確保されています。動物性素材をたくさん使用しているため、高タンパク設計に仕上がっています。また、第一主原料の鶏肉の使用割合が85%と動物性素材の割合が高くなっているため、タンパク質の質に関しても優れていると言えます。猫には植物性のタンパク質ではなく、動物性のタンパク質が重要になります。そのため、動物性タンパク源となる動物性素材を多く使用しているキャットフードこそが良質なタンパク源となるのです。AATUは動物性素材の使用割合が多いため良質なタンパク源となるキャットフードです。
また、脂質に関しても十分な量が確保されており、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスが取れているため、皮膚や被毛の改善効果が期待出来そうです。さらに、炭水化物の量も抑えることが出来、高タンパク・低炭水化物設計になっている点も高く評価出来ます。

AATUのまとめ

総合評価
原材料の質 食いつき アレルギー対策
皮膚・被毛改善 腸内環境改善 安全性
点数
13点/18点中
全体の点数
44点/57点中
ランク付け
A・・C・D・E・F
良い点 悪い点
  • 動物性タンパク質が多い
  • 生肉を使用しており、食いつきが良さそう
  • 高タンパク・低炭水化物設計
  • 酸化防止剤や油脂に関してやや不明な点がある

 

AATUは動物性タンパク質が豊富なキャットフードです。主原料である鶏肉の割合が多いため、植物性タンパク質の割合が少なく、動物性タンパク質の割合が多くなっています。つまり、良質なタンパク源となりうえるキャットフードという事です。猫には高タンパクであり、動物性タンパク質の割合が多いキャットフードが適しています。AATUは高タンパクであり、動物性タンパク質の割合が多いフードに仕上がっています。また、炭水化物の量も抑え、高タンパク・低炭水化物設計になっており、猫には理想的な栄養バランスになっています。

気になる点としてはAATUに関する情報が少ないという事です。原材料を見るだけでは酸化防止剤に何を使っているのかわかりません。プレミアムキャットフードでは合成酸化防止剤が使われることは少ないため、おそらく天然由来の酸化防止剤が使われているのではないかと思いますが。また、油脂に関してもサーモンオイルだけなのか、或いは主原料である鶏肉の脂も脂質源となっているのかどうかも不明です。ただ、全体的にバランスが取れ、優れたキャットフードであることに違いはなさそうです。

AATUの口コミ・評判

口コミ一覧

  1. 名無しのリーク より:

    香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業。中卒社員岸下守の犯行。

    0
  2. 名無しのリーク より:

    香川県さぬき市ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラで指切断の大けがを負わせた激烈ブラック企業。犯人は中卒社員岸下守

    0

口コミを投稿する

ニックネーム・五段階評価・コメントをご確認の上、投稿してください。

猫・キャットフード関連

カテゴリー