『愛犬元気』ドッグフードの徹底評価【口コミ・評判】

愛犬元気は「おいしさにこだわった設計」「消化性への配慮」「健康のためビタミン・ミネラルを調整」が特徴的な国産ドッグフードです。

執筆:運営本部

愛犬元気の特徴

2016y06m21d_170454068

愛犬元気の基本情報

メーカー ユニ・チャーム株式会社
ブランド名 ねこ元気
商品名 ビーフ・緑黄色野菜・小魚入り
参考価格  1,560円/6kg(amazon価格)
1kg当たり 約260円
原産国 日本

愛犬元気の特徴

  • カリッと新食感で美味しい仕上がり
  • 消化性に優れた原材料を厳選
  • ビタミン・ミネラルを調整

愛犬元気はユニ・チャームより販売されている国産のドッグフードです。ユニ・チャームはベストバランス、グラン・デリ、銀のさらといった数多くのペットフードブランドを抱えています。その中でも人気度とともに知名度が高いのが愛犬元気です。愛犬元気はカリッと製法によって新食感で美味しい仕上がりになっていることをアピールしています。今までのドッグフードにはないカリッとした美味しさで愛犬を魅力させ、高い嗜好性を目指しているようです。

また、原材料に関しては消化性の優れたものを選んで配合していうようで、愛犬に必要な栄養素をしっかり吸収してもらい、おなかの健康にも配慮がなされています。さらに健康維持にはビタミン・ミネラルのバランスも大切です。愛犬元気では犬の健康を支えるために適正な栄養バランスに調整されています。

愛犬元気の原材料と成分

原材料
穀類(トウモロコシ、小麦粉、コーングルテンミール、フスマ、パン粉、コーングルテンフィード等)、肉類(チキンミール、チキンエキス、ビーフパウダー、ササミパウダー等)、動物性油脂、脱脂大豆、野菜類(ビートパルプ、ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー)、魚介類(フィッシュミール、乾燥小魚)、ビール酵母、チーズパウダー、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、ナトリウム、リン、亜鉛)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、着色料(赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)
原材料の評価
第一主原料 トウモロコシ ×
第二主原料 小麦粉 ×
第三主原料 コーングルテンミール ×
油脂類 動物性油脂 ×
アレルゲン トウモロコシ、小麦粉、コーングルテンミール、コーングルテンフィード、脱脂大豆 ×
酸化防止 ミックストコフェロール、ハーブエキス
添加物 着色料(赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号) ×
点数 3点/21点中

主要原材料

トウモロコシ、小麦粉、コーングルテンミール、フスマ、パン粉、コーングルテンフィード等

愛犬元気の第一主原料は残念ながら穀類です。穀類は消化率が低く犬にとってはあまり有りがたくない原材料です。もちろん穀類にも食物繊維や炭水化物、ビタミン、ミネラルといった栄養価が詰まっていますので、不要という訳ではありませんが、ドッグフードの第一主原料に使うべきものではありません。また、愛犬元気では消化吸収を促進するために小麦やパンに関しては粉状のもの、コーングルテンに関してはミール状のものが使われるなど消化吸収性に配慮された側面もあります。ただ、トウモロコシや小麦などは消化率が低く、食物アレルギーにもなりやすい原材料のため、このような原材料が主要原材料に使われていることは愛犬元気を評価出来ないポイントの一つになります。

チキンミール、チキンエキス、ビーフパウダー、ササミパウダー等

穀類の次には肉類が使用されています。ただ、全体的に見て肉類の配合量は少なそうです。また、使われている肉類もそれほど質が良く、栄養価が高いものではなさそうです。あくまでも嗜好性を高めるために添加された程度でしょう。

動物性油脂

油脂では動物性油脂が使われています。動物性油脂はオメガ6脂肪酸が多く含まれる油脂です。そのため亜鉛と配合することによって健康的な皮膚や被毛の維持が期待出来ます。ただ、動物性油脂は原料が特定できません。鶏脂や牛脂のように原料が何か特定出来ないのです。このようにどの動物の油脂が使われているのか特定出来ない油脂はあまり好ましい素材とは言えません。

脱脂大豆

脱脂大豆は脂を取り除いた後に残るもので、ダンパク源となります。犬はタンパク質が重要な栄養源となります。ただ、大豆タンパクは消化率が悪く、食物アレルギーの原因にもなりますので、トウモロコシや小麦同様に要注意な素材です。

ビートパルプ

愛犬元気では野菜も使われています。ニンジンやカボチャ、ホウレンソウといった自然素材が使われていることは評価出来ます。ただ、気になる素材もあります。それがビートパルプです。ビートパルプはドッグフードに配合することで便の硬さを丁度良い硬さに調節してくれるメリットがある反面、製造過程において砂糖大根の糖分が残ってしまっている、硫酸系薬品が残留してしまっているなどのデメリットもあります。そのためビートパルプには大きな懸念を抱く方も多いです。

添加物

着色料(赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)

愛犬元気は酸化防止目的でミックストコフェロールやハーブエキスといった自然由来の酸化防止剤を使っている点は安心出来ます。合成酸化防止剤は有害性が指摘されていますので、このように自然由来の酸化防止剤を使っているドッグフードは評価出来ます。ただ、着色料を使っている点は評価出来ません。

愛犬元気は粒に色を付けて美味しさをアピールしています。確かに見てみるとおいしそうな色合いをしていますが、この着色料は犬にとっては全く栄養源にならない添加物です。そのため、このような無駄な添加物を使うことは良くありません。このような無駄な添加物が使われているフードは出来れば避けた方が良いでしょう。

たんぱく質 脂質 粗繊維 灰分 水分 炭水化物(推定)
23.0%以上 10.0%以上 4.5%以下 8.5%以下 10.0%以下 44.0%
成分の評価
項目 目安 含有 評価
タンパク質 18%以上 23%以上
脂質 5%以上 10%以上
繊維質 4%以下 4.5%以下
灰分 10%以下 8.5%以下
水分 10%以下 10%以下
炭水化物(推定) 45%以下 44%
点数 11点/18点中

成分から見る

愛犬元気は穀類中心のドッグフードです。第一主原料に穀類が使われており、様々な種類の穀類がたくさん配合されています。そのため、植物性タンパク質が占める割合が多くなっており、タンパク質の質自体は良くありません。本来であれば第一主原料には肉素材を配合し、肉素材を多く使って動物性タンパク質が占める割合を多くする必要があります。その理由は、犬はもともと肉食動物であり、必須アミノ酸のバランスの優れた動物性素材を好むからです。だから、出来るだけ動物性素材を多く使ったドッグフードが好ましいのですが、愛犬元気は植物性素材である穀類が中心のドッグフードになってしまっています。

穀類中心のドッグフードのため愛犬元気は炭水化物の割合が多いです。このように炭水化物が多いドッグフードは下痢や消化不良の原因となる場合があります。

愛犬元気のまとめ

総合評価
原材料の質 食いつき アレルギー対策
×
皮膚・被毛改善 腸内環境改善 安全性
× ×
点数
3点/18点中
全体の点数
17点/57点中
ランク付け
A・B・C・D・E・
良い点 悪い点
  • 美味しさへのこだわり
  • 消化性への配慮
  • 穀類中心のドッグフード・・・

愛犬元気は美味しさへのこだわりからカリッと製法によって新食感のカリッとした食感を実現させています。また、粒に色味を付けることで見た目上も美味しさをアップさせています。さらに原材料では肉類で犬の嗜好性を高める工夫をしているため、美味しさにこだわっていることが良く分かります。また、消化性への配慮から配合する原材料を出来るだけ粉状やミール状、パウダー状にするなどの工夫をしていることも伺えます。

ただ、第一主原料に穀類が記載されているように愛犬元気は穀類中心のドッグフードに仕上がっています。穀類中心のため犬が最も求めている動物性タンパク質よりも植物性タンパク質が占める割合が多くなっていますし、犬が消化が苦手である炭水化物が占める割合も多くなっています。本来、犬には動物性タンパク質が占める割合が多い動物性素材中心のドッグフードで高タンパク・低炭水化物のフードが適しているのですが、愛犬元気は残念ながら植物性素材中心で高炭水化物で植物性タンパク質が多いドッグフードになってしまっています。また、無駄な着色料を使っていることも残念な点です。

愛犬元気の口コミ・評判

五段階評価:
2点/5点満点中【全2件の口コミ】)

口コミ一覧

  1. adidas nmd より:

    There are certainly a number of details like that to take into consideration. That could be a nice point to bring up. I provide the ideas above as normal inspiration but clearly there are questions like the one you carry up where crucial thing will be working in honest good faith. I don?t know if best practices have emerged around things like that, but I’m certain that your job is clearly recognized as a good game. Each boys and girls feel the influence of only a second抯 pleasure, for the remainder of their lives.

    0
  2. 高村 より:

    穀物が多いドッグフードなので、うちの子には与えていません。それに着色料も入っているので、わざわざ自分で選ぶという事は無いです。ただ、知人にはこのドッグフードをずっと与えていて元気に13歳を迎えるワンちゃんがいます。

    2

口コミを投稿する

ニックネーム・五段階評価・コメントをご確認の上、投稿してください。

犬・ドッグフード関連

カテゴリー