『アズミラ』キャットフードの徹底評価【口コミ・評判】

アズミラは「ヒューマングレードの原材料使用」「ナチュラルにこだわりオールナチュラル」「副産物、増量材、無駄な添加物一切不使用」が特徴的なアメリカン産キャットフードです。

執筆:運営本部

アズミラの特徴

2016y06m09d_225806974

アズミラの基本情報

メーカー 株式会社アズミラジャパン
ブランド名 アズミラ
商品名 クラシックキャットフォーミュラ
参考価格  2,322円/1kg(amazon価格)
1kg当たり 約2,322円
原産国 アメリカ

アズミラの特徴

  • オールナチュラルフード
  • 副産物、増量材、無駄な添加物不使用
  • 塩分、砂糖、イーストの添加なし

アズミアキャットフードはホリスティック栄養学博士・自然療法医であるドクターリサ・ニューマンにより開発されたキャットフードです。アズミラはペットフード以外にもペットの健康をサポートするサプリメントを開発しており、獣医師からも強い信頼を得ているブランドです。

アズミラは自然なナチュラルフードです。使っている原材料はアメリカ産の高品質なものが使われています。原材料は人用の等級の適用が出来るもの、つまり人間が食べることが出来る水準の食材がアズミラでは使われているのです。アズミラはナチュラルフードであることにこだわっていますので、人が食べることが出来ない低品質な素材は一切使用していません。

多くのキャットフードでは肉の副産物が使われています。副産物は内臓であれば貴重な栄養源となりますが、頭や脚さらには爪や被毛などが入っていた場合には消化器官に大きな負担がかかります。また、どのようなものが混入しているのかわからない不安感を消費者に与えてしまうためアズミラでは原材料の中に一切副産物を使用していないことを明言しています。さらに、増量材も使用されていません。増量材もペットフードには良く見られるもので、いわゆる”かさ増し”です。猫には本来適していない素材で量を取りあえず確保するために栄養価値が低い素材で誤魔化すというような手法が見られます。しかし、アズミラはこのような増量材も使用していないことを明言しています。

さらに合成酸化防止剤や人工着色料、人工香料も使用していません。砂糖、塩、イーストの添加もありません。これらは自然で安全なキャットフードを作るために徹底的に人工的なものは省かれているのです。

アズミラの原材料と成分

原材料
チキンミール、全粒ひきわり玄米、全粒ひきわり大豆、全粒ひきわり小麦、全粒ひきわりコーン、鶏脂肪(ミックストコフェロールにて保存)、脱果汁トマト(リコピンの供給源)、 ビタミン(塩化コリン)、ビタミンE、ナイアシン(ビタミンB3)、ビタミンC、D-パントテン酸カルシウム、ビタミンA、硝酸チアミン(ビタミンB1)、リボフラビン、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、葉酸、イノシトール、ビタミンD、ビタミンK、ビオチン、ビタミンB12サプルメント)、フラックスシード、ナチュラルフレーバー(チキン由来)、メンハーデンフィッシュミール、乾燥乳清、チコリー(根)、DL-メチオニン、ミネラル(炭酸カルシウム、酸化亜鉛、タンパク質化合亜鉛、硫酸鉄、酸化マンガン、硫酸銅、亜セレン酸ナトリウム、 タンパク質化合銅、タンパク質化合マンガン、ヨウ素酸カルシウム、炭酸コバルト)、塩化カリウム、タウリン、 乾燥パセリフレーク、ケルプミール、ユッカシディゲラ抽出物、ベジタブルオイル、クエン酸、レシチン、ローズマリー抽出物
原材料の評価
第一主原料 チキンミール
第二主原料 全粒ひまわり玄米
第三主原料 全粒ひきわり大豆
油脂類 鶏脂肪
アレルゲン 全粒ひきわり大豆、全粒ひきわり小麦、全粒ひきわりコーン
酸化防止 ローズマリー抽出物
添加物 無し
点数 17点/21点中

主要原材料

チキンミール

アズミラでは第一主原料にチキンミールが使用されています。アズミラでは使用している原材料は全てアメリカ産ですので、このチキンミールもアメリカ産です。猫は動物性タンパク質を重要としている動物のため、このように第一主原料に肉素材を使用していることは素晴らしいです。また、必須アミノ酸が豊富でビタミンなど栄養価が高いチキンは猫に適した動物性素材です。

また、”ミール”という言葉はキャットフードの知識がある方であればマイナスな面を想像してしまいます。余計なものが混じっている素材ではないか、熱が加えられ栄養価が下がり鮮度が落ちているのではないかといった懸念が良く見られます。しかし、アズミラはチキンからタンパク質を効果的に得るためにミール素材を使っているようです。通常のチキンは水分も含んでいます。そのため、無駄な水分を除くために脱水工程を経て製造されるチキンミールを使用しているのです。

アズミラは公式ホームページにて”副産物は一切使用していないこと”、”人用高品質素材を使っていること”を明記しているため、このチキンミールに関しても一般的なキャットフードに使われているような安価で栄養価値の低いチキンミールとは性質が違っています。そのため、この第一主原料であるチキンミールは良質なタンパク源となります。

全粒ひきわり玄米、全粒ひきわり大豆、全粒ひきわり小麦、全粒ひきわりコーン

第一主原料の次は全粒穀物が使用されています。玄米、大豆、小麦、コーンです。穀物は炭水化物やビタミン、ミネラル、食物繊維といった栄養素になりますが、穀類が多い場合は猫に消化不良を引き起こす原因となります。しかし、アズミラはその点に配慮して全粒穀類が使用されています。全粒穀類は通常の穀類に比べて栄養価が高いです。また、消化吸収性にも優れているため、良質なキャットフードで穀類が使われる際には精製された穀類ではなく、アズミラのように全粒穀類が使用されているのです。

また、アズミラで使用している穀類はUSDA(アメリカ農務省)一等認定の無農薬全粒穀物で、消化力、体内での効力に優れている特徴があります。さらに、穀類で一番使用されている全粒玄米は最も消化に優れた穀類で良質な炭水化物を供給する素材です。

鶏脂肪

アズミラで脂肪分には鶏脂肪が使われています。鶏脂肪は猫に必要な必須脂肪酸がバランス良く含まれている脂肪です。そのため、猫には牛脂肪や豚脂肪よりも鶏脂肪が適しています。アズミラではそのような事を考慮して鶏脂肪を使っているのです。

ナチュラルフレーバー(チキン由来)、メンハーデンフィッシュミール、乾燥乳清

アズミラは猫の嗜好性を高める工夫もなされています。使用している素材がナチュラルで質が高いため、それだけでも猫の嗜好性は高まりますが、さらにチキン由来のナチュラルフレーバー、ニシン、乾燥乳清を使用して自然な形で猫が好む香りを出し猫の食欲を刺激してくれます。猫は食べ物のにおいに非常に敏感なため、このようなにおいで猫の食欲を刺激することは非常に効果的です。

ビタミン(塩化コリン)、ビタミンE、ナイアシン(ビタミンB3)、ビタミンC、D-パントテン酸カルシウム、ビタミンA、硝酸チアミン(ビタミンB1)、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、葉酸、ビタミンD、ビタミンK、ビオチン、ビタミンB12サプルメント)、DL-メチオニン、ミネラル(炭酸カルシウム、酸化亜鉛、タンパク質化合亜鉛、硫酸鉄、酸化マンガン、硫酸銅、亜セレン酸ナトリウム、 タンパク質化合銅、タンパク質化合マンガン、ヨウ素酸カルシウム、炭酸コバルト)、塩化カリウム、タウリン

アズミラは自然な素材を使用し、質が良いものを使っているキャットフードであることは分かります。ただ、サプリメントの販売を行っていることもあってか栄養素に関しての添加が非常に多いです。ビタミン、ミネラル、アミノ酸に関して多くの栄養素が添加されています。

添加物

ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸

アズミラのキャットフードでは人工着色料、人工香料、人工保存料は一切使用していません。油脂の酸化防止では、鶏脂肪にミックストコフェロールが使用されています。また、フード全体の酸化防止目的ではおそらく原材料の後ろの方に記載のあるクエン酸、ローズマリー抽出物が使用されているのでしょう。これらはいずれも天然由来の素材ですので、人工添加物のような心配はありません。

粗たんぱく質 粗脂肪 粗繊維 灰分 水分 炭水化物(推定)
30%以上 11%以上 4%以下 6.5%以下 10%以下 38.5%
マグネシウム カルシウム リノール酸(オメガ6) リノレン酸(オメガ3)  リン ナトリウム
0.08%以上 1.0%以上 2.0%以上 0.3%以上  0.8%以上  0.2%以上
成分の評価
項目 目安 含有 評価
タンパク質 26%以上 30%以上
脂質 9%以上 11%以上
繊維質 4%以下 4%以下
灰分 9%以下 6.5%以下
水分 10%以下 10%以下
炭水化物(推定) 35%以下 38.5%
点数 10点/18点中

成分から見る

アズミラは粗タンパク質が30%以上。一般的にタンパク質要求量の高い猫には食事中に占めるタンパク質は26%から30%が最低限必要だと言われています。アズミラの30%はその最低限必要な量をしっかり確保出来ているフードです。それに使用しているタンパク源となるチキンミールは良質な動物性タンパク質が豊富な素材ですので、質も優れています。ただ、プレミアムキャットフードにしてはややタンパク質が少ない印象があります。

アズミラでは第一主原料は動物性素材であるチキンミールですが、第二主原料、第三主原料、第四主原料には穀類が続きます。そういった事もあり、炭水化物の占める割合もやや高くなっています。もちろん一般的なキャットフードに比べると素材が優れているため消化吸収性も問題はないでしょうが、やはりやや炭水化物が多いです。炭水化物源で最も多く使用されているのは、消化吸収性に優れた全粒玄米ですので、質自体は悪くありませんが。また、下部尿路疾患に配慮してマグネシウム量は0.08%以上に調整されています。

アズミラのまとめ

総合評価
原材料の質 食いつき アレルギー対策
皮膚・被毛改善 腸内環境改善 安全性
点数
13点/18点中
全体の点数
40点/57点中
ランク付け
A・・C・D・E・F
良い点 悪い点
  • アメリカ産のヒューマングレード食材
  • 消費者が懸念する素材は一切使用していない
  • ナチュラルにこだわっている
  • やや炭水化物が多い・・・

アズミラキャットフードは使用している原材料は全てアメリカ産のヒューマングレード食材です。人間が食べることが出来る高品質の素材のみを使っているため猫に質の高い食事を与えてあげることが出来ます。また、多くの愛猫家たちが懸念を持っている副産物や人工着色料、人工香料、化学合成の酸化防止剤、ビートパルプ、増量材といったものは一切使用していません。とにかくナチュラルフードであることにこだわっていますので、消化吸収性に問題があったり、有害性が報告されているようなものに関しては妥協することなく一切フードから排除しています。ナチュラルな食事を与えることで猫の健康を維持するというアズミラの徹底した考えは非常に好感が持てます。

ただ、気になる点もあります。それはナチュラルフードであることが一つのコンセプトであるにも関わずビタミンやミネラル、アミノ酸である栄養素が多くの場合添加という形で加えられていることです。出来れば栄養素は添加という形ではなく、栄養価の詰まった素材をもっと多く使用することで補ってほしいです。また、穀類が原材料の中で占める割合が多いことから炭水化物が多いのも気になります。全粒穀類を使用しているため質自体は高いのでしょうが、それでももう少し少ない方が猫には良いのではないでしょうか。

アズミラの口コミ・評判

五段階評価:
4点/5点満点中【全1件の口コミ】)

口コミ一覧

  1. みんみん より:

    出来るだけタンパク質と脂質の質が優れたキャットフードが良かったので、ショップのスタッフさんに相談してみたところアズミラを勧められてました。その他にも同価格帯のキャットフードを試してみましたが、今のところアズミラで落ち着いています。

    4

口コミを投稿する

ニックネーム・五段階評価・コメントをご確認の上、投稿してください。

猫・キャットフード関連

カテゴリー