『カナガン』ドッグフードの徹底評価【口コミ・評判】

カナガンは「人間が食べることが出来る高水準の原材料を使用」「穀物一切不使用」「高タンパク・低炭水化物設計」「動物性素材中心で良質なタンパク源」が特徴的なイギリス産のプレミアムドッグフードです。

執筆:運営本部

カナガンの特徴

2016y06m22d_115436126

カナガンの基本情報

メーカー 株式会社レティシアン
ブランド名 カナガン
商品名 カナガンドッグフード
参考価格  3,960円/2kg
1kg当たり 約1,980円
原産国 イギリス

カナガンの特徴

  • 動物性タンパク60%・植物成分40%
  • 犬に負担をかけないグレインフリー(穀物不使用)
  • 原材料は人間が食べられる高水準の素材のみ使用

カナガンドッグフードは本当に高品質なドッグフードを作りたいという想いのもと、20年以上にわたりドッグフード市場を見て、世界中を飛び回りあらゆるドッグフードの研究を行ってきたエディー氏によって開発されました。カナガンドッグフードはイギリス最高級のプレミアムドッグフードです。

カナガンの特徴は動物性原材料を60%、野菜やハーブといった植物成分を40%配合していることです。動物性原材料は植物性素材に比べて仕入れコストが高いため一般的なドッグフードでは動物性原材料は50%を大きく下回ることが多いです。しかし、犬は本来肉食動物であり、必須アミノ酸がバランス良く含まれている動物性原材料を多く食べることによって理想的な体格、健康的な皮膚や被毛、免疫力が高く丈夫な体を維持することが出来るのです。そういった犬本来の栄養学の観点からカナガンは動物性原材料を多く配合することを大切にしているのです。また、植物成分も40%配合していますが、これは植物原材料による様々な薬効によって犬の健康に役立つことが出来るからです。カナガンは、動物性原材料と植物性原材料のバランスが取れている数少ない優良ブランドです。

カナガンのもう一つの特徴はグレインフリーである事です。グレインフリーとは穀物を一切使用していない事を意味します。穀物は草食動物や雑食動物であれば難なく消化することが出来ますが、本来肉食動物である犬には消化が難しい食材です。そのため、穀物が多く使われているドッグフードを犬に与えてしまうと消化不良によりおなかに大きな負担をかけてしまうことになりますし、食物アレルギーの原因になってしまいます。そういった穀物による負担をなくすためにカナガンドッグフードでは穀物を一切使用しないようにしています。穀物は仕入れコストが安いため炭水化物源やタンパク源として活用されることが多いです。ただ、おなかに負担がかかる事からカナガンでは穀類よりもおなかに優しいサツマイモを炭水化物源に、新鮮で栄養価の高いチキンをタンパク源にするなど細かいところまで犬への健康の配慮がなされています。

さらにカナガンドッグフードの大きなポイントが、「人間が食べることが出来る高品質な原材料のみを厳選して使用していること」です。一般的なドッグフードでは人間が食べることが出来ない低品質な原材料のみが使われていますが、カナガンでは愛犬に優れた栄養素を安全な形で届けるために、人間が食べることが出来ない低品質で安全性に欠ける水準の原材料は一切使用していません。全ての原材料が人間が食べても問題ない高水準の素材です。そのため、愛犬に安心の食事を毎日与えてあげることが出来ます。

カナガンの原材料と成分

原材料
骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%、サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウタンパク、アルファルファ、鶏脂3.1%、乾燥全卵3.1%、チキングレイビー1.6%、サーモンオイル1.2%、ミネラル、ビタミン(ビタミンA 16,250IU/kg、ビタミンD3 2,400IU/kg、ビタミンE 240IU/kg)、グルコサミン1000mg/kg、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、コンドロイチン700mg/kg、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニスの実、コロハ
原材料の評価
第一主原料 骨抜きチキン生肉
第二主原料 乾燥チキン
第三主原料 サツマイモ
油脂類 鶏脂、サーモンオイル
アレルゲン 無し
酸化防止 天然酸化防止剤
添加物 無し
点数 21点/21点中

主要原材料

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%

カナガンドッグフードの第一主原料は骨抜きチキン生肉です。第一主原料に動物性素材を使っている事はドッグフードの良し悪しを判断する上で最も重要な事です。カナガンは動物性素材を大切に考えているブランドなので、第一主原料にはしっかり動物性素材である肉を使っており優良なドッグフードと言えます。さらに注目すべきは生肉を使っている事です。生肉の原材料は一般的な「チキンミール」といった仕入れ前に加熱済みの原材料と違って高温の加熱処理の回数が少なくて済むため、肉本来の栄養価や旨味がしっかり残っています。そのためチキンの栄養素を余すことなく愛犬に与えてあげることが出来、第一主原料として使われる原材料としてチキン生肉は最高級の素材と言えるのです。

また、第二主原料には乾燥チキンが使われています。ドッグフードでは第一主原料に肉が使われていることが良いドッグフードの証となりますが、カナガンドッグフードは動物性素材の重要性を意識しているため、第二主原料にも動物性素材が続きます。このように第一主原料と第二主原料に動物性素材が使われることによって犬が本来求めている動物性素材中心の高タンパクなドッグフードに仕上がるのです。第一主原料には生肉が使われていましたが、第二主原料には乾燥チキンが使われています。乾燥チキンは余分な水分をなくすことが出来るため、より高タンパクな原材料となります。

カナガンドッグフードの原材料の第一主原料、第二主原料は全体の51%を占めています。多くのドッグフードでは動物性素材がここまで多くを占めることは少ないので、愛犬に良質なタンパク源を与えてあげることが出来ます。また、カナガンドッグフードのように、原材料の配合割合を明記しているブランドは他にはほとんど存在しません。

サツマイモ、エンドウ豆

カナガンドッグフードの第三主原料にはサツマイモが使われています。このサツマイモは炭水化物源となる素材です。犬も炭水化物を重要なエネルギー源にしていますので、炭水化物源となる原材料も必要となります。しかし、多くのドッグフードでは炭水化物源には小麦やトウモロコシといった穀物が使われています。それらの穀物は炭水化物の供給源とはなりますが、消化率が悪くおなかに大きな負担をかけてしまいます。

カナガンはそういったおなかへの負担を減らすために穀物ではなく、サツマイモを炭水化物源として使っています。サツマイモは消化率が高くおなかに優しい食材です。また低GI食品でもあるため愛犬の血糖を一定に保ち健康をサポートしてくれます。さらに小麦やトウモロコシといった食材に比べて食物アレルギーにもなりにくい低アレルゲン食材です。

また、エンドウ豆も炭水化物源となる食材です。エンドウ豆もサツマイモ同様に消化率が高くおなかへの負担を減らすことが出来ます。そのためエンドウ豆は穀物アレルギー対策用に使われることが多いです。

ジャガイモ、エンドウタンパク

植物性のタンパク質源としてはジャガイモやエンドウタンパクを使用しています。植物性のタンパク質源としてはコーングルテンミールや大豆タンパクといったものがドッグフードでは一般的ですが、それらは消化率が悪く食物アレルギーになりやすい素材です。それに栄養価もあまり高くはありません。そういった事を配慮してカナガンでは低アレルギーであるジャガイモ、消化率が高いエンドウタンパクを使用しています。

鶏脂、サーモンオイル

カナガンドッグフードの油脂では鶏脂、サーモンオイルが使われています。鶏脂はオメガ6脂肪酸が豊富で、サーモンオイルはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。これらの不飽和脂肪酸は健康的な皮膚や被毛の維持に重要な役割を果たしてくれます。また、鶏脂は犬の嗜好性を高めてくれます。

グルコサミン1,000mg/kg、コンドロイチン700mg/kg

関節機能ケアに優れたグルコサミン、コンドロイチンもたっぷり配合しています。グルコサミンやコンドロイチンを配合しているドッグフードは他にもありますが、カナガンドッグフードのようにここまで十分な量を配合しているフードはなかなかありません。多くのドッグフードでは気休め程度に添加している程度です。

リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、海藻

カナガンドッグフードの原材料を見てみると、ほとんどが自然素材です。多くのドッグフードではビタミンやミネラルの添加が多いのですが、カナガンドッグフードでは自然食材が多く使われています。そのため、必要な栄養素を自然な形で摂ることが出来ます。健康維持のために重要なビタミンはビタミンAやビタミンCが豊富なニンジンやリンゴを使用、ミネラル補給のためには鉄分が豊富なほうれん草、ミネラル豊富な海藻を使用することで自然食材から十分な栄養が摂れるようになっています。

クランベリー、カモミール、マリーゴールド

健康を維持し老化に打ち勝つためには抗酸化作用のある成分を摂ることが大切です。そこでカナガンではビタミンAやビタミンC、ビタミンE以外にもマリーゴールドやカモミール、マリーゴールドといった抗酸化作用を持つ素材を配合しています。

添加物

無し

カナガンドッグフードでは合成酸化防止剤や人工香料、人工着色料は一切使用していません。それらの添加物は微量では問題ないものの、大量に摂取することで有害性が指摘されているものがあります。微量では問題無いという理由からドッグフードに添加されているケースも多く見受けられますが、毎日その添加物を愛犬に与え続けても本当に安全なのかどうか疑問が残ります。カナガンドッグフードではそのような有害性が指摘されている添加物は一切使用していません。保存料としてはミックストコフェロールというビタミンEの混合物が使用されており安全です。

粗たんぱく質 脂質 粗繊維 粗灰分 水分 炭水化物
33.0% 17.0% 3.5% 9.0% 8.5% 29.0%
オメガ6脂肪酸 オメガ3脂肪酸 カルシウム  リン
2.80% 0.90% 1.86% 1.42%
成分の評価
項目 目安 含有 評価
タンパク質 18%以上 33%以上
脂質 5%以上 17%以上
繊維質 4%以下 3.5%以下
灰分 10%以下 9%以下
水分 10%以下 8.5%以下
炭水化物 45%以下 29%
点数 16点/18点中

成分から見る

カナガンドッグフードは動物性素材を中心に作っていますので、高タンパクの成分割合になっています。粗タンパク質は33.0%と高タンパク質設計になっており、犬の高タンパク要求量を満たしてくれます。犬はタンパク質が重要な栄養源になりますので、このように高タンパクなドッグフードは健康を維持するうえで大切です。また、タンパク質の中身も動物性タンパク質が中心になっていますので、単なる高タンパクではなく、良質な高タンパクに仕上がっています。タンパク質はスリムな体型、健康的な皮膚や美しい毛並み、健康的な体作りにおいて非常に重要な栄養素になります。

また、脂質に関しても十分な脂質を確保出来ています。脂質は重要なエネルギー源となりますし、美しい毛並みを維持するうえでも重要です。カナガンドッグフードはオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスに配慮がなされていますので、健康的な皮膚や被毛の維持が期待出来ます。

さらに肥満や消化不良、糖尿病の原因となる炭水化物は低めに抑えられています。多くのドッグフードでは仕入れコストが安い穀物が中心のドッグフードになっているため炭水化物の割合が多くなっています。しかし、そのような穀物中心で高炭水化物な食事を愛犬に与えてしまうと肥満体質となったり、消化不良による下痢が続いたり、糖尿病などの病気を引き起こす原因となる場合があります。そもそも犬は本来そこまで炭水化物を重要視していないため炭水化物は低めに抑えた食事の方が適しているのです。その事を考慮してカナガンドッグフードでは穀物を一切使用せず良質な炭水化物を確保しつづ、炭水化物の割合を低く抑えています。

カナガンのまとめ

総合評価
原材料の質 食いつき アレルギー対策
皮膚・被毛改善 腸内環境改善 安全性
点数
18点/18点中
全体の点数
55点/57点中
【第1位(おすすめ)】
ランク付け
・B・C・D・E・F
良い点 悪い点
  • 良質なタンパク質が摂れる
  • 穀類一切不使用でおなかに優しい
  • 健康的な皮膚や美しい毛並みが期待できる
  • 食物アレルギー対策になる
  • 特になし

カナガンドッグフードは良質なタンパク質が摂れる数少ないドッグフードです。多くのドッグフードでは植物性素材を中心に作っているため植物性タンパク質が占める割合が多く、犬が本来必要としている必須アミノ酸をバランス良く摂ることが出来ません。しかし、カナガンドッグフードは新鮮なチキンを使用して動物性タンパク質が十分に取れるように設計していますので、犬が必要とする必須アミノ酸をバランス良く与えてあげることが出来ます。良質なタンパク質で高タンパクと犬にとっては理想的なタンパク源となるドッグフードです。そのため、健康的な体作りが期待出来ます。

さらにおなかへの負担を減らすために穀物を一切使用していません。おなかに優しいサツマイモやエンドウ豆を使うことで質の高い炭水化物を用意しています。また、フラクトオリゴ糖を配合することで腸内の善玉菌を優位にし腸内環境を整えることも期待出来ます。原材料で使われているフードは消化率が高くおなかに優しい素材ですので、腸内環境が整い、便の状態や嫌なにおいなどが改善出来るでしょう。

また、良質な動物性タンパク質を豊富に含むこと、鶏脂やサーモンオイルによってオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸をバランス良く摂ることが出来ること、食物アレルギーになりやすい小麦やトウモロコシといった穀物が使われていないことなどから健康的な皮膚や美しい毛並みが期待出来ます。美しい毛並みは良質なタンパク質と不飽和脂肪酸が重要な役割を果たします。そのため、良質で高タンパク、不飽和脂肪酸が豊富な高脂質のドッグフードであるカナガンは美しい毛並みを支えてくれます。また、皮膚トラブルを招くことが多い食物アレルギーに対しても出来る限り低アレルゲン食材を使用するように配慮がなされているため皮膚トラブルの予防にもつながります。

カナガンドッグフードは数あるプレミアムドッグフードの中でも本当に高品質な原材料を贅沢に使用した数少ない”本物のプレミアムドッグフード”です。

カナガンの口コミ・評判

五段階評価:
4.3点/5点満点中【全8件の口コミ】)

口コミ一覧

  1. adidas ultra boost より:

    I am commenting to make you be aware of what a outstanding encounter my wife’s girl encountered using your web site. She realized plenty of issues, most notably what it is like to possess an excellent helping nature to make many more with no trouble learn about specific multifaceted matters. You truly did more than visitors’ desires. I appreciate you for giving such powerful, safe, edifying as well as easy guidance on your topic to Kate.
    adidas ultra boost https://vtu.cc/ultraus

    0
  2. adidas nmd より:

    very nice put up, i actually love this website, keep on it

    0
  3. Adidas NMD Runner men women white より:

    Youre so cool! I dont suppose Ive read something like this before. So nice to find any individual with some original ideas on this subject. realy thank you for beginning this up. this website is one thing that’s wanted on the net, someone with somewhat originality. helpful job for bringing one thing new to the web!

    0
  4. MASA より:

    我が家はカナガンを使っています。カナガンはネットで見ても評判が良く、良いフードだと思います。実際、我が家の犬は食いつきが良く、以前与えていたフードとは全然違います。それに毛艶が良くなったしウンチの状態も軟便が解消されました。ただ、全ての家の犬にカナガンが合うという訳ではないと思います。なぜなら、それぞれの犬に合うフードはそれぞれ違うからです。犬はそれぞれ体質が違い、好みも違います。なので、すべての犬に100%カナガンをオススメ出来る訳じゃないです。

    4
  5. 井上和美 より:

    毛並みが悪くなっていたのが気になっていたので、プレミアムドッグフードと言われるものをいくつか試しました。どれも毛並みや皮膚の改善に効果があるような宣伝文句を使っていたのですが、これといった効果はありませんでした。むしろ毛並みがどんどん悪くなっていく一方でした。そこでたまたま試したのがカナガンだったのですが、これはなぜか良かったです。毛並みが良くなり、皮膚のアレルギーの症状も大幅に改善されました。最初の頃は中々食べてくれず困っていましたが、しっかり食べてくれるようになってから格段に毛並みや皮膚の状態が良くなったのです。なぜ、カナガンが良かったのかは分かりませんが、効果があったので今後もしばらくカナガンを買ってみようと思います。

    4
  6. 豆柴 より:

    ネットで評判が良かったので買ってみました。新しいフードに切り替えるのはちょっと心配でしたが、うちの子は気に入ってくれたみたいです。

    5

口コミを投稿する

ニックネーム・五段階評価・コメントをご確認の上、投稿してください。

犬・ドッグフード関連

カテゴリー