『ケイナイン・トリビュート』ドッグフードの徹底評価【口コミ・評判】

ケイナイントリビュートドッグフードは「アレルゲン素材をカット」「おなかに優しい成分がたくさん配合」「生鶏肉使用で高い嗜好性が期待出来る」が特徴的な国産ドッグフードです。

執筆:運営本部

ケイナイン・トリビュートの特徴

2016y08m26d_171718943

ケイナイントリビュートの基本情報

メーカー イースター株式会社
ブランド名 ケイナイン・トリビュート
商品名 アレルゲンコントロール(メンテナンス)
参考価格  630円/900g(amazon価格)
1kg当たり 約699円
原産国 日本

ケイナイントリビュートの特徴

  • アレルゲン食材をカット
  • 生鶏肉を使用したリアルチキン製法
  • 国内の専用工場で製造

ケイナイントリビュートはアレルゲン食材を徹底的にカットしたドッグフードです。犬は肉類の場合、牛肉や豚肉がアレルギーの原因となりやすいため、ケイナイントリビュートではアレルゲンになりにくいとされている鶏肉を採用しています。穀類ではトウモロコシや小麦粉、大豆がアレルギーの原因となりやすいため、これらの食材は使用せず、ポテトや米を使用するように配慮がなされています。アレルゲン食材が多いドッグフードの場合、アレルギー反応によって消化不良、皮膚のトラブルといった症状が現れる事がありますが、ケイナイントリビュートはアレルギー対策がバッチリなされているため、アレルギー反応による症状を予防することが出来ます。

主原料である鶏肉は生肉を使用し、嗜好性を高めています。さらに、リアルチキン製法により生鶏肉の旨味が粒に飛び込められているため、食いつきの良さが期待出来ます。ケイナイントリビュートは、宮城県都城市にある専用工場にて製造されています。

ケイナイントリビュートの原材料と成分

原材料
鶏肉、米糠、ポテト(ポテトプロテイン、じゃがいも)、米粉、チキンミール、動物性油脂、ビートバルプ、馬鈴薯澱粉、アルファルファミール、植物性油脂、酵母エキス、精製魚油(DHA・EPA源)、オリゴ糖、植物抽出発酵エキス、ブドウ糖、コラーゲン、乾燥カモミール、乾燥ローズマリー、殺菌処理乳酸菌、銅クロロフィル、アガリクス(β-グルカン源)、ミネラル類(第二リン酸カルシウム、炭酸カルシウム、食塩、塩化カリウム、硫酸亜鉛、ヨウ素酸カルシウム、硫酸銅)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、K、塩化コリン、D-パントテン酸カルシウム、ニコチン酸、d-ビオチン、葉酸)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-トリプトファン)、香料
原材料の評価
第一主原料 鶏肉
第二主原料 米糠
第三主原料 ポテト
油脂類 動物性油脂、植物性油脂、精製魚油(DHA・EPA源)
アレルゲン 無し
酸化防止 不明
添加物 香料
点数 13点/21点中

主要原材料

鶏肉

第一主原料は鶏肉です。第一主原料に動物性素材である鶏肉が使われているため、第一主原料に関しては良いフードであると判断出来ます。また、この鶏肉は乾燥粉末ではなく生肉が使われているため栄養価が高く、高い嗜好性が期待出来る原材料です。また、リアルチキン製法によって粒に上手く旨味が閉じ込められている事からも、食いつきに関しては良さそうです。

米糠、ポテト、米粉

鶏肉の次には米糠、ポテト、米粉が使われています。米とポテトは小麦粉やトウモロコシと違いアレルギーの原因になりにくい低アレルゲン素材です。ケイナイントリビュートはアレルゲンの排除にチカラを入れているドッグフードのため、米とポテトが採用されているのです。そのため、アレルギー持ちのワンちゃんにも安心して与えてあげることが出来ます。

ただ、米糠や米粉はそれほど栄養価が高い原材料ではありません。どちらかというと栄養価は低い食材です。

動物性油脂、植物性油脂、精製魚油(DHA・EPA源)

油脂類では動物性の油脂、植物性の油脂、魚の油とバランスが取れていて好印象です。油は動物性、植物性、魚をバランス良く摂ることによって必須脂肪酸をバランス良く摂ることが出来ます。必須脂肪酸は健康的な皮膚や被毛の維持に重要な役割を果たすため、美しい毛並みを維持する上で欠かせない栄養素です。動物性と植物性、魚の油にはそれぞれ含んでいる必須脂肪酸の種類や含有量に違いがあるため、それぞれをバランス良く摂ることが大切です。

ケイナイントリビュートはそれぞれバランス良く配合しています。ただ、動物性油脂と植物性油脂、精製魚油といった表記にはやや問題があります。なぜなら、どのような原料が使われているのか全く分からないからです。動物性油脂であれば、鶏なのか牛なのか豚なのか、またはそれ以外の動物か全く原料が分かりません。このように、原料が分からない原材料の場合、どれほど栄養価値があるのか判断する事が出来ません。そのため、こういったもともとの原料が特定出来ないような原材料は本来好ましくありません。

ビートパルプ、酵母エキス、オリゴ糖、殺菌処理乳酸菌

ケイナイントリビュートはアレルゲンコントロールを行いお腹への負担を減らしてくれる配慮がなされています。さらに、腸内環境を良くする成分もプラス配合されているため、腸内環境の改善、便の改善などが期待出来ます。

ビートパルプに関しては賛否両論があり、製造過程における薬品が残留している可能性があることから入れるべきではないという意見があるものの、便の状態をほどよい大きさや硬さにしてくれるというプラスの側面もあります。また、酵母やオリゴ糖、乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整え、お通じを良くしたり、便のにおいを軽減してくれるなどの効果が期待出来ます。

添加物

香料

ケイナイントリビュートは添加物として香料を使用しています。香料は本来必要ないものです。また、ケイナイントリビュートでは酸化防止剤にどのような酸化防止剤が使われているのか明確な記載がありません。

粗たんぱく質 粗脂肪 粗繊維 粗灰分 水分 炭水化物(推定)
23.0%以上 13.0%以上 4.0%以下 9.5%以下 10.0%以下 40.5%
カルシウム リン ビタミンA  ビタミンD ビタミンE
1.0%以上 0.8%以上 11,000IU/kg以上  1,100IU/kg以上  200IU/kg以上
ビタミンB1 ビタミンB2
2.0mg/kg以上 4.0mg/kg以上
成分の評価
項目 目安 含有 評価
タンパク質 18%以上 23%以上
脂質 5%以上 13%以上
繊維質 4%以下 4%以下
灰分 10%以下 9.5%以下
水分 10%以下 10%以下
炭水化物 45%以下 40.5%以下
点数 12点/18点中

成分から見る

ケイナイントリビュートは第一主原料に動物性素材である鶏肉を使っているため、十分なタンパク質を確保出来ています。タンパク質の中身も動物性タンパク質の割合が多く質の高いタンパク質になっていると言えます。また、脂質に関しても動物性油脂や植物性油脂、精製魚油の配合などにより十分な量を確保出来ています。

炭水化物の量もそれなりに抑えられており、成分割合のバランスが整っている印象です。

ケイナイントリビュートのまとめ

総合評価
原材料の質 食いつき アレルギー対策
皮膚・被毛改善 腸内環境改善 安全性
点数
12点/18点中
全体の点数
37点/57点中
ランク付け
A・B・・D・E・F
良い点 悪い点
  • アレルゲンカット
  • おなかへの負担が少なくおなかに優しい成分が多く配合されている
  • 生鶏肉使用で高い嗜好性
  • 油脂や穀類は安価な素材が多い
  • 香料が使用されている

ケイナイントリビュートは小麦、トウモロコシ、大豆を使用せず低アレルゲン食材である米、ポテトを使用しているため、アレルギー対策フードとして適しています。肉も消化率が高い鶏肉を使用しており、その鶏肉も新鮮で栄養価値の高い生肉が使われているため、良質なタンパク質を摂ることが出来ます。また、リアルチキン製法で旨味が詰まっているため高い嗜好性が期待出来ます。

腸内の善玉菌を増やす成分もプラス配合されているため、お腹にも優しいドッグフードです。特に便の多さや軟便に困っている場合に効果的かもしれません。ただ、賛否両論のビートパルプを使用しているため、一概に絶対にお腹に良いフードとは言えません。合わないワンちゃんにはビートパルプが逆に軟便や便秘の原因になってしまう場合もあります。

また、ケイナイントリビュートは香料を使っている点が気になります。香料は原材料の質に自信が無いメーカーほど使っている事が多いため、香料を使っていると肉やその他の原材料の質が悪くにおいが悪いのではないかと疑ってしまいます。

ケイナイントリビュートの口コミ・評判

口コミ一覧

  1. Adidas Originals NMD R_1 Runner Primeknit Consortium Running Shoes Grey/Black より:

    You need to take part in a contest for one of the best blogs on the web. I’ll suggest this web site!

    0

口コミを投稿する

ニックネーム・五段階評価・コメントをご確認の上、投稿してください。

犬・ドッグフード関連

カテゴリー