『ドクターズダイエット』キャットフードの徹底評価【口コミ・評判】

ドクターズダイエットは「動物病院でも勧められる」「健康のために栄養バランスに配慮」「天然の添加物のみ使用」が特徴的な国産キャットフードです。

執筆:運営本部

ドクターズダイエットの特徴

2016y06m06d_143532456

ドクターズダイエットの基本情報

メーカー エランコジャパン株式会社
ブランド名 ドクターズダイエット
商品名 PHエイド成猫用
参考価格  2,470円/1.5kg(amazon価格)
1kg当たり 約1,646円
原産国 日本

ドクターズダイエットの特徴

  • 動物病院で勧められるキャットフード
  • 健康維持に役立つ栄養バランス
  • ミネラルバランスを調整

ドクターズダイエットは動物病院で勧められることが多いキャットフードの一つです。動物病院で販売されるために開発されたドクターズダイエットは猫の健康を維持するため栄養バランスに気を遣っています。特にミネラルバランスを調整し尿pHを6.2から6.4になるように設計しており猫に多い下部尿路疾患への配慮がなされています。

また、皮膚や被毛の健康を維持するためにγ-リノレン酸、EPA、DHA、亜鉛アミノ酸複合体を配合しています。そのほかには腸内細菌のバランスを維持し腸内環境を整えるためにフラクトオリゴ糖の配合がなされています。

ドクターズダイエットの原材料と成分

原材料
トウモロコシ、コーングルテンミール、ポークミール、フィッシュミール、おから、動物性油脂、セルロース、チキンレバーパウダー、全卵粉末、フィッシュエキス、フラクトオリゴ糖、小麦粉、卵黄粉末(グロビゲンPG)、γ‐リノレン酸、セレン酵母、マッシュルーム抽出物(シャンピニオンエキス)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK3、ビタミンB1、ビタミンB2、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ビオチン、ビタミンC、ビタミンB12、塩化コリン、イノシトール)、ミネラル類(炭酸カルシウム、リン酸、塩化カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、硫酸鉄、亜鉛アミノ酸複合体、炭酸亜鉛、炭酸マンガン、硫酸銅、ヨウ素酸カルシウム、硫酸コバルト)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)
原材料の評価
第一主原料 トウモロコシ ×
第二主原料 コーングルテンミール ×
第三主原料 ポークミール
油脂類 動物性油脂、y-リノレン酸 ×
アレルゲン トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉 ×
酸化防止 ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール
添加物 無し
点数 7点/21点中

主要原材料

トウモロコシ、コーングルテンミール

動物病院で勧められるキャットフードのため、第一主原料は肉或いは魚(動物性蛋白源)かなと思いましたが、トウモロコシでした。トウモロコシが悪い訳ではありませんが、猫は動物性タンパク質の要求量が高く、キャットフードの第一主原料には動物性タンパク源となる素材を使用するのが猫の健康を維持するためには適しています。そのため、第一原料に植物性タンパク源であり穀物であるトウモロコシを使用するのはあまり良くありません。

また、二番目に多く使用されている素材もコーングルテンミールです。こちらはトウモロコシから胚芽やデンプンなどを取り除いた後の残りカスで、安価なキャットフードのタンパク質を確保するために使用されることが多い素材です。こちらの素材でタンパク質はある程度確保出来ますが、動物性タンパク源の要求量が高い猫には好ましくない素材です。

ポークミール、フィッシュミール

原材料の三番目、四番目に肉と魚の記載があります。こちらは動物性蛋白源となり猫に必要な必須アミノ酸が豊富なポークとフィッシュが使われています。ただ、素材自体はミールつまり既に粉状にされたものを仕入れているので、こちらも安価な素材と言えます。素材そのものの栄養価も低いです。

セルロース、フラクトオリゴ糖

ドクターズダイエットではセルロースが原材料に使用されています。セルロースは食物繊維でセルロース自体に栄養価値はありませんが、満腹感を維持させる働きがあります。そのため、猫の体重管理目的で使用されることが多いです。特に肥満や糖尿病、便秘、下痢などの際に有効だとされています。

また、フラクトオリゴ糖は腸内の善玉菌を増やす作用があり、善玉菌が増えることで腸内環境が整い便の状態が良くなります。

動物性油脂

ドクターズダイエットで脂質の栄養源として使用されている油脂は動物性油脂です。動物性の油脂は必須脂肪酸が豊富なので、悪くはありません。ただ、動物性油脂という表記ではどのような動物の油脂が使用されているのか分かりません。鶏脂のような栄養価値が高く素材が良ければうれしいのですが、栄養価値が低い粗悪な油脂が使用されていることも十分に考えられます。そのため、このような曖昧な表記の原材料が使用されていることは評価できません。

添加物

酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

ドクターズダイエットでは動物病院で勧められるフードだけあって合成酸化防止剤のような合成の添加物は使用されていません。合成着色料や香料、防腐剤といったものが多く使用されるフードもありますが、ドクターズダイエットではそのような添加物は使用されていません。使用されているのは天然の酸化防止剤のみですので、この点は安心出来ます。

たんぱく質 脂質 粗繊維 灰分 水分 炭水化物(推定)
31%以上 11%以上 5.0%以下 10.5%以上 9.0%以下 33.5%
成分の評価
項目 目安 含有 評価
タンパク質 26%以上 31%以上
脂質 9%以上 11%以上
繊維質 4%以下 5%以下
灰分 9%以下 10.5%以下
水分 10%以下 9%以下
炭水化物(推定) 35%以下 33.5%
点数 11点/18点中

成分から見る

ドクターズダイエットの成分ではタンパク質が31.0%以上、脂質が11%以上となっています。タンパク質は十分な量を確保しています。猫はタンパク質の要求量が高いため健康な体格や骨格、皮膚や被毛を維持するためにも十分なタンパク質を摂らせてあげることが大切です。

また、脂質に関しては低く抑えています。動物病院で勧められるフードのため、脂質を低く抑えているのでしょう。脂質は猫にとって必要な栄養素ですが、摂り過ぎると肥満の原因となります。ドクターズダイエットでは粗繊維もそれなりの高さですので、猫の体重管理、便の状態改善に大きく配慮されている印象を受けます。ただ、炭水化物はやや高めです。猫は34%までの炭水化物であればなんとか消化できますが、34%を超えると消化不良となりますので、ギリギリ許容範囲内に収まっているもののやや高めです。

ドクターズダイエットのまとめ

総合評価
原材料の質 食いつき アレルギー対策
× ×
皮膚・被毛改善 腸内環境改善 安全性
×
点数
4点/18点中
全体の点数
22点/57点中
ランク付け
A・B・C・D・・F
良い点 悪い点
  • 動物病院で勧められている
  • 栄養バランスに気を遣っている
  • 天然の添加物のみ
  • 安価な素材が多い・・・

ドクターズダイエットは動物病院で販売されるため栄養バランスに気を遣った設計になっています。猫に多い尿路結石の予防にはミネラルバランスを調整することが大切で、ドクターズダイエットではミネラルバランスを調整し尿pHを適正範囲内にコントロールするように設計されています。そのため、尿路結石の予防が期待出来ます。また、使用している添加物は天然由来の酸化防止剤のみですので、合成酸化防止剤のような危険性がありません。

ただ、ドクターズダイエットはプレミアムキャットフードの価格帯であるにも関わらず使用している素材は格安フードのような質の悪いものが多いです。主原料は安価に仕入れることが出来る穀物が使われており、この穀物でタンパク質を量を確保している作りになっています。本来プレミアムフードの価格帯であれば猫に必要な必須アミノ酸のバランスが優れた動物性タンパク源となる肉或いは魚を第一主原料に使うのが妥当なのですが、ドクターズダイエットではそのような作りにはなっていません。

また、肉と魚も原材料に使われていますが、仕入れコストが低いミール物が使われています。肉と魚ともに安価で仕入れることが出来るポークミール、フィッシュミールが使用されており、素材そのものにはこだわりのないフードという印象を強く受けます。栄養バランスには気を遣っているかもしれませんが、肝心の素材そのものが安価で栄養価値が低いものなのが残念です。

ドクターズダイエットの口コミ・評判

五段階評価:
2点/5点満点中【全1件の口コミ】)

口コミ一覧

  1. さぶ より:

    病院で勧められたので使っていましたがウンチが臭くなりました。ウンチの臭いは与える食べ物が影響するようですので、このフードが良くなかったみたいです。そのため、早速ほかのフードに変えました。

    2

口コミを投稿する

ニックネーム・五段階評価・コメントをご確認の上、投稿してください。

猫・キャットフード関連

カテゴリー