『イノーバエボ』キャットフードの徹底評価【口コミ・評判】

イノーバエボキャットフードは「超高タンパク・低炭水化物設計」「お腹に優しいグレインフリー(穀物不使用)」「米国農務省認可の高品質な原材料を使用」が特徴的なアメリカ産のキャットフードです。

執筆:運営本部

イノーバエボの特徴

2016y10m24d_144619760

イノーバエボの基本情報

メーカー Natura社
ブランド名 エボ(イノーバエボ)
商品名 エボ(ターキー&チキン)
参考価格 5,800円/3kg
1kg当たり 約1,933円
原産国 アメリカ

イノーバエボの特徴

  • 猫に理想の高タンパク・低炭水化物設計
  • グレインフリー(穀物不使用)
  • USDA認可の高品質な原材料使用

イノーバエボは猫にとって理想的な高タンパク・低炭水化物設計で製造されているキャットフードです。猫は完全肉食動物で高タンパクな食事を理想としています。また、消化が難しい炭水化物は出来るだけ少な目が理想のため、高タンパク・低炭水化物が理想的な食事になります。イノーバは動物性素材をたくさん使用し、穀類を一切使用しない事によって理想的な高タンパク・低炭水化物を実現させています。一般的に言われるプレミアムキャットフードの中でも圧倒的な高タンパク・低炭水化物設計です。

また、使用している原材料は米国農務省(USDA)認可の高品質な原材料を使用しています。安全性が高く、安心感が持てる原材料を使用している点もイノーバエボの人気の理由となっています。

イノーバエボの原材料と成分

原材料
七面鳥肉、鶏肉、鶏肉粉、タピオカスターチ、鶏脂肪、ニシン、エンドウマメ繊維、サーモン粉、天然香料、塩化カリウム、リンゴ、卵、ニンジン、メンハーデンオイル、エンドウマメ、クランベリー、アルファルファスプラウト、カボチャ、トマト、カッテージチーズ、乾燥チコリ根エキス、ミネラル類(亜鉛、鉄、銅、マンガン、ヨウ素酸カルシウム)、DL-メチオニン、ビタミン類(塩酸ベタイン、ナイアシン、A、硝酸チアミン、パントテン酸カルシウム、リボフラビン、β-カロテン、B12、D3、ビオチン、塩酸ピリドキシン、葉酸)、タウリン、アスコルビン酸、ビタミンE、乳酸菌類、ローズマリーエキス、酸化防止剤(ミックストコフェロール)
原材料の評価
第一主原料 七面鳥肉
第二主原料 鶏肉
第三主原料 鶏肉粉
油脂類 鶏脂肪
アレルゲン 無し
酸化防止 ミックストコフェロール
添加物 無し
点数 18点/21点中

主要原材料

七面鳥肉、鶏肉、鶏肉粉

エボの第一主原料は「七面鳥肉」です。第二・第三主原料にも動物性素材である「鶏肉」「鶏肉粉」が使用されています。キャットフードでは、第一主原料に動物性素材である肉を使用しているフードが良いフードと言われます。猫が動物性素材である肉を主食としている肉食動物だからです。エボは第一主原料に肉素材を使用しており、完全肉食動物である猫の期待に応えています。

さらに、第一主原料だけではなく、第二・第三主原料にも動物性素材である肉を配合しています。多くのキャットフードは、仕入れ価格が高い動物性素材はケチって仕入れコストの安い植物性素材を多く使用しています。しかし、エボはプレミアムキャットフードとして、動物性素材を贅沢に配合しています。そのため、猫が求めている動物性タンパク質をしっかり確保出来る高タンパクなキャットフードに仕上がっています。

鶏脂肪

油脂は嗜好性を高めるために、さらに皮膚や被毛の健康維持のために欠かせません。エボでは鶏脂肪を脂質源として配合しています。鶏脂肪は嗜好性を高める効果とともに健康的な皮膚や美しい毛並みを維持する効果があります。鶏脂肪にはオメガ6脂肪酸が豊富に含まれ、このオメガ6脂肪酸が皮膚や被毛の健康維持に役立つのです。

乳酸菌類

エボでは、腸内の善玉菌を増やすプレバイオティクス、腸内の微生物のバランスを整えるプロバイオティクスの両方の効果を併せ持つ「シンバイオティクス」が配合されています。このシンバイオティクスの働きによって腸内環境の改善が期待出来、それによって免疫力の向上が期待出来るのです。

グルコサミン、コンドロイチン

関節の健康維持のためにグルコサミン、コンドロイチンも配合されています。これらは人間のサプリメントとして良く知られているように、関節の軟骨成分で関節の機能維持や向上に役立ちます。

添加物

ミックストコフェロール

エボでは合成着色料、合成香料、合成保存料は一切使用されていません。酸化防止目的では天然の酸化防止剤であるミックストコフェロールが使用されているため安心出来ます。海外製のキャットフードでたまに見られるようなBHAやBHTの使用はありません。

粗たんぱく質 粗脂肪 粗繊維 粗灰分 水分 炭水化物(推定)
50.0%以上 22.0%以上 10.0%以下 2.5%以下 8.6%以下 6.9%
成分の評価
項目 目安 含有 評価
タンパク質 26%以上 50%以上
脂質 9%以上 22%以上
繊維質 4%以下 2.5%以下
灰分 10%以下 8.6%以下
水分 10%以下 10%以下
炭水化物(推定) 45%以下 6.9%
点数 15点/18点中

成分から見る

エボのタンパク質含有量は50%以上と高タンパク設計になっています。猫は人間よりも、犬よりもタンパク質の要求量が高い動物です。そのため、猫には高タンパクな食事が理想となります。タンパク質は体の基礎となる栄養素であり、健康的な体型を維持したり、健康的な皮膚や被毛、血液、歯、骨を形作るのに欠かせない栄養素です。猫は良質なタンパク質を多く摂取することで健康的な体を維持することが出来ます。エボはタンパク質の質自体も良く、量も多いため、猫のタンパク要求量に高い水準で応えることが出来るキャットフードです。また、脂質も十分な量が確保されています。

さらに、猫にとって消化が難しく、あまり必要ではない炭水化物は、しっかり量が抑えられています。猫はタンパク質は高タンパクを求めますが、炭水化物は低炭水化物を求めます。エボは低炭水化物に仕上がっています。そのため、猫にとって理想的な高タンパクであり、低炭水化物なキャットフードになっているのです。

イノーバエボのまとめ

総合評価
原材料の質 食いつき アレルギー対策
皮膚・被毛改善 腸内環境改善 安全性
点数
15点/18点中
全体の点数
48点/57点中
ランク付け
・B・C・D・E・F
良い点 悪い点
  • 超高タンパク・低炭水化物設計
  • 食物アレルギーに配慮したグレインフリー(穀物不使用)
  • USDA認可の高品質な原材料使用
  • 超高タンパクであるため運動量が少ない猫には不向き

エボはプレミムアキャットフードの中でも圧倒的な「高タンパク・低炭水化物」設計になっています。プレミアムキャットフードで高タンパクと言われるキャットフードでも大体30~40%程のタンパク量なのですが、エボはタンパク量が50%以上です。かなりの高タンパク設計です。また、炭水化物も10%を切っており、かなりの低炭水化物設計です。そのため、まさに猫に理想的な超高タンパク・低炭水化物設計に仕上がっています。

使用する原材料はUSDA認可の高品質な原材料です。安価で安心感が持てない原材料は使用していません。低品質な原材料ではなく、高品質な原材料で必要な栄養素を確保出来るようになっています。また、食物アレルギー対策として、穀類は一切使用していない点もエボの特長です。穀類は食物アレルギーになりやすく、消化率も悪いためグレインフリーのキャットフードは猫にぴったりなキャットフードです。このように、原材料に関しても猫の健康維持のための配慮が高い水準で行われているのです。

ただ、タンパク質50%で超高タンパクであるため運動量が少ない猫にはあまり向いていません。

イノーバエボの口コミ・評判

口コミ一覧

  1. Adidas NMD XR1 Ostrich Color and Black より:

    you have an excellent blog here! would you prefer to make some invite posts on my weblog?

    0

口コミを投稿する

ニックネーム・五段階評価・コメントをご確認の上、投稿してください。

猫・キャットフード関連

カテゴリー