『ホリスティックレセピー』キャットフードの徹底評価【口コミ・評判】

ホリスティックレセピーは「第一主原料にチキンを使用」「鶏脂肪で良質な必須脂肪酸が摂れる」「キレート化で効率的なミネラルの吸収」が特徴的なアメリカ産キャットフードです。

執筆:運営本部

ホリスティックレセピーの特徴

2016y06m10d_011540142

ホリスティックレセピーの基本情報

メーカー 株式会社パーパス
ブランド名 ホリスティックレセピー
商品名 ホリスティックレセピー猫用
参考価格  2.484円/1.6kg(amazon価格)
1kg当たり 約1,552円
原産国 アメリカ

ホリスティックレセピーの特徴

  • 日本専用のオリジナルフード
  • 泌尿器障害・毛玉・整腸・抗酸化・被毛など多角的アプローチ
  • マグネシウム量制限

ホリスティックレセピーは日本専用に開発されたペットフードです。日本特有の気候・住環境・生活環境を念頭に置き、日本のペットのために製造されています。日本オリジナルのフードですが、製造はアメリカで行っています。猫の健康維持のための栄養素はもちろんのこと、泌尿器系障害や毛玉・整腸・抗酸化作用・免疫力・便臭・皮膚・被毛など多角的に視点に基づいて作られています。

泌尿器系障害の観点からはマグネシウム量を調整しています。マグネシウムはマグネシウム由来のストルトバイト結石を招きやすくする成分のために配合量が調整されています。

ホリスティックレセピーの原材料と成分

原材料
鶏肉、鶏肉粉、米、豆粉、鶏脂、乾燥卵製品、豆タンパク、ポテトタンパク、ツナミール、ナチュラルフレーバー、酵母エキス、ひまわり油、アルファルファミール、ビートパルプ、オーツ麦繊維、トマト粗、醸造酵母、亜麻仁、クランベリーパウダー、チコリエキス、ユッカフォーム抽出物、塩化カリウム、塩化ナトリウム、リン酸、DL-メチオニン、タウリン、アスコルビン酸、イノシトール、塩化コリン、ミネラル類(アミノ酸キレート化鉄、アミノ酸キレート化亜鉛、アミノ酸キレート化銅、アミノ酸キレート化マンガン、アミノ酸キレート化コバルト、鉄、亜鉛、炭酸カルシウム、銅、マンガン、セレン、ヨウ素、コバルト)、ビタミン類(A、D3、E、ナイアシン、パントテン酸、B1、B2、B6、葉酸、ビオチン、B12)、サッカロマイセス・セレビシエ、ラクトバチルス・アシドフィルス、エンテロコッカスフェシウム、アスペルギウス・ニガー、バチルス・サブチルス、酸化防止剤(ミックストコフェロール、クエン酸、ローズマリーエキス)
原材料の評価
第一主原料 鶏肉
第二主原料 鶏肉粉
第三主原料
油脂類 鶏脂、ひまわり油、亜麻仁
アレルゲン 無し
酸化防止 ミックストコフェロール、クエン酸、ローズマリーエキス
添加物 無し
点数 19点/21点中

主要原材料

鶏肉、鶏肉粉

ホリスティックレセピーでは第一主原料に鶏肉、第二主原料に鶏肉粉を使っています。どちらも猫に必要な必須アミノ酸が豊富な食材です。キャットフードでは第一主原料に動物性素材が使われていることが重要です。ホリスティックレセピーではまず第一主原料に鶏肉が使われているので、第一主原料の重要性を良く理解しているキャットフードと言えます。さらに第二主原料にも鶏肉粉と動物性素材が使われていますので、動物性タンパク質の重要性を良く理解出来ています。

米、豆粉、豆タンパク、ポテトタンパク

ホリスティックレセピーでは第一、第二主原料では動物性素材が使われていましたが、第三、第四主原料に米、豆粉が使われています。さらにそれ以降にも豆タンパク、ポテトタンパクといった植物性素材が比較的多く使われていることが分かります。これらの素材はタンパク源となりますが、植物性タンパク質です。動物性タンパク質に比べると猫に必要なアミノ酸のバランスが劣るため、タンパク源として動物性素材を多く使った方が良いです。

鶏脂、ひまわり油

脂では鶏脂が使われています。鶏脂は良質なキャットフードに使われることが多いです。原材料へのこだわりが無いキャットフードでは安価な動物性油脂或いは植物性油脂といった油脂が使われることが多いです。しかし、猫には鶏脂が最も優れています。なぜなら鶏脂は不飽和脂肪酸が豊富で猫に必要な必須脂肪酸を多く含んでいるからです。

鶏脂に含まれる脂肪酸はオメガ6脂肪酸ですが、ひまわり油にはオメガ3脂肪酸が多く含まれています。オメガ6脂肪酸もオメガ3脂肪酸も皮膚や被毛の健康維持に欠かせない脂肪酸のため、二つの脂肪酸をバランス良く摂ることが重要です。

ビートパルプ、オーツ麦繊維

ホリスティックレセピーでは異なる食物繊維が配合されています。一つ目はビートパルプです。こちらは主に不溶性の食物繊維で腸内を刺激し腸のぜん動運動を活発化させお通じを良くする働きがあります。もう一つはオーツ麦繊維で、こちらは水溶性食物繊維で粘着性があり余分なものを吸着して外に排出する役割があります。

食物繊維は不溶性と水溶性両方をバランス良く摂ることが大切です。ホリスティックレセピーでは不溶性と水溶性のバランスが取れています。ただ、ビートパルプに関しては硫酸系の残留薬品による弊害が指摘されている素材でもあります。そのため、ビートパルプを使用している事に関しては良し悪しは簡単に判断できません。

アミノ酸キレート化鉄、アミノ酸キレート化亜鉛、アミノ酸キレート化銅、アミノ酸キレート化マンガン、アミノ酸キレート化コバルト

ホリスティックレセピーで使用されているミネラルはキレート化ミネラルが使用されています。ミネラルには単体では吸収しにくいミネラルがありますが、それらはアミノ酸で包み込んであげることで吸収性を高めることが出来ます。猫にとってミネラルも重要な栄養素ですので、ホリスティックレセピーではミネラルの吸収性を高めるためにわざわざキレート化ミネラルを使っているのです。キャットフードでわざわざキレート化ミネラルを使っているキャットフードはあまり見られないので大変貴重です。

添加物

酸化防止剤(ミックストコフェロール、クエン酸、ローズマリーエキス)

ホリスティックレセピーは猫の事を考えた配合になっているので、当然のように合成酸化防止剤や人工香料、人工着色料は一切使用していません。油脂の酸化を防ぐ目的で使用されているのは全て天然由来の酸化防止剤です。ミックストコフェロール、クエン酸、ローズマリーエキスは良心的なキャットフードで使われるもので、安全性が高いものです。

たんぱく質 脂質 粗繊維 粗灰分 水分 炭水化物(推定)
32.0%以上 19.0%以上 5.0%以下 8.0%以下 10.0%以下 26.0%
マグネシウム カルシウム リン タウリン
0.1%以下 1.0%以上 0.8%以上 0.18%以上
成分の評価
項目 目安 含有 評価
タンパク質 26%以上 32%以上
脂質 9%以上 19%以上
繊維質 4%以下 5%以下
灰分 9%以下 8%以下
水分 10%以下 10%以下
炭水化物(推定) 35%以下 26%
点数 13点/18点中

成分から見る

タンパク質は32.0%以上、脂質は19.0%以上、炭水化物は26.0%と猫が求めている高タンパク質・低炭水化物のキャットフード設計になっています。猫はタンパク質の要求量高い、また良質な脂肪酸も求めている、一方でタンパク質や脂質からもエネルギー源を作り出すことが出来るため炭水化物の要求量は低いです。そのため、高タンパクで低炭水化物の食事こそが猫には理想的な食事となります。ホリスティックレセピーは成分構成はまさに猫に理想的な食事になっています。

ホリスティックレセピーのまとめ

総合評価
原材料の質 食いつき アレルギー対策
皮膚・被毛改善 腸内環境改善 安全性
点数
13点/18点中
全体の点数
45点/57点中
ランク付け
A・・C・D・E・F
良い点 悪い点
  • 第一主原料は肉が使われている
  • 鶏脂で良質な必須脂肪酸が摂れる
  • キレート化ミネラル配合で吸収性が高い
  • 植物性タンパク質も多い・・・

ホリスティックレセピーは第一主原料に肉が使われています。さらに第二主原料でも肉が使われているように、猫が動物性素材を必要としていることをしっかり理解し、それを商品化にしっかり活かしています。多くのキャットフードでは製造コストを抑えるために安価な植物性素材をメインに使うことが多いのですが、ホリスティックレセピーでは動物性素材を中心に作ることが出来ています。

脂も必須脂肪酸が豊富な鶏脂が使われており、良いキャットフードと言えます。鶏脂は牛脂や豚脂よりも健康に欠かせない不飽和脂肪酸が多い素材です。また、どの動物が使われているのかどうか分からない動物性油脂といったものも使われることが多いですが、ホリスティックレセピーではそのような不明確な原材料は使用していません。

ミネラルに関しても猫の事を考え吸収が難しいミネラルはキレート化させて吸収率を高めています。そのため、猫が必要な栄養素をしっかり体内に吸収することが出来、栄養に関しての配慮が高く評価出来ます。

気になる点としては米、豆粉、豆タンパク、ポテトタンパクといった植物性素材もそれなりに使われているので植物性タンパクも割と多い事です。ただ、成分を見ると高タンパク、低炭水化物の優れた栄養バランスになっていますので、全体的に見てもホリスティックレセピーは優れたキャットフードと言えます。

ホリスティックレセピーの口コミ・評判

五段階評価:
4点/5点満点中【全1件の口コミ】)

口コミ一覧

  1. つくし より:

    猫が最近吐くようになったので、色々なフードを試してみた中でホリスティックレセピーは明らかに吐く回数が少なくなりました。病院で勧められたフードでは吐く回数が変わらず途方に暮れていたので、このフードには非常に助かりました。

    4

口コミを投稿する

ニックネーム・五段階評価・コメントをご確認の上、投稿してください。

猫・キャットフード関連

カテゴリー