国産ドッグフードランキング【日本産を選ぶ際のポイント】

国産ドッグフードランキングを紹介しています。数ある国産ドッグフードの中でも本当におすすめ出来るものを厳選しています。また、国産ドッグフードの良いところや悪いところなどを紹介しながら、国産を選ぶ際のポイントを一緒に紹介しています。

執筆:運営本部

2016y12m20d_153633130

国産ドッグフードの良いところと悪いところ

良い点 悪い点
  • 安く買えるものが多い
  • 国産の安心感がある
  • 品質管理の優れた国内工場で生産
  • 穀類が多い
  • 肉の質が低い
  • 着色料や香料の添加が多い

良い:国産ドッグフードは安心感があるのが強み

国産のドッグフードの良さは、なんといっても”安心感”や”信頼性”です。海外産の製品よりも、国産の方が何かと安心感があります。電化製品を購入する場合も、洋服を購入する場合も、私たちが直接口にするものも、とにかく日本製の方が安心感があり、国産のものを好んで選ぶ人が多いと思います。ドッグフードでも、大切な愛犬の口から入るものなので、安心感がある国産が良いと思う人が多いのも無理はありません。

実際、国産のドッグフードメーカーは、品質管理が徹底された国内工場で製造を行っているため、国産ドッグフードの品質は優れています。国産ドッグフードの栄養価が、海外産よりも勝っているか、劣っているかは別問題として、品質管理の面では、国産の方が安心感があると言えます。

悪い:国産の駄目はところは穀物中心で着色料が多いこと

国産のドッグフードは安心感があるものの、穀類中心のドッグフードが多いことが問題です。海外産のドッグフードは、肉食動物である犬に合わせて肉を中心に作っています。しかし、国産のドッグフードは穀類中心であることがほとんどです。なぜなら、穀類は安いからです。国産のドッグフードは海外産に比べて価格が安いですが、それは仕入れコストが安い穀類を多く使っているためです。穀類は犬にとってはそれほど重要な栄養源となる食材ではありません。

また、国産ドッグフードは着色料や香料といった着色料が多いことも問題です。国産ドッグフードは、それほど質が良い肉を使っていないところが多いので、香料を添加することで風味をごまかしています。また、飼い主さんに美味しいと思ってもらうために多くの着色料を添加していることも多いです。しかし、それらの着色料は欧米では食品への添加は禁止されているものも多いです。合成着色料は発がん性やアレルギー症状の原因となるとの疑いが指摘されているため、合成着色料が多く添加されている国産ドッグフードは、飼い主さんの間でも評判はあまり良くありません。

安全な国産ドッグフードを選ぶ際のポイント

  • 第一主原料が肉(魚)のものを選ぶ
  • 着色料や香料を使っていないものを選ぶ
  • 原材料の産地が分かるものを選ぶ

①第一主原料を良く見て!肉(魚)であることが大切!

国産のドッグフードはとにかく穀類が中心のものが多いです。穀類が多いドッグフードの場合、消化不良や皮膚疾患の原因となります。そのため、穀類中心ではなく、肉(魚)中心のドッグフードを選ぶことが大切です。国産のドッグフードでも、しっかり肉や魚を中心に製造しているドッグフードはあります。そのドッグフードを見分けるポイントは、第一主原料にあります。第一主原料とは、原材料の一番最初に記載されている原材料の事です。この原材料は、原材料の中で一番多く使用されている原材料の事で、原材料の中心素材のこと。つまり、ここが肉や魚であれば、肉(魚)中心のドッグフード、ここが穀類(とうもろこし、小麦等)であれば、穀類中心のドッグフードであることが分かります。

②赤色○号や香料の表記に注意!これはいらない添加物

原材料の中に「赤色2号」や「赤色40号」、「青色2号」といった赤色○号、青色○号、黄色○号、緑色○号といった記載がないか確認しましょう。これらの合成着色料の中には動物実験で発がん性、蕁麻疹の出現といった危険性が指摘されているものがあります。海外では合成着色料に対して厳しい制限が設けられていることが多いですが、日本は合成着色料に対して楽観的な見方をしています。そのため、海外では食用に禁止されている着色料も、日本では使用が許可されているものも珍しくありません。そのため、国産のドッグフードは海外産よりも合成着色料を使用していることが多いです。

また、風味を良くするための人口香料を使用していることが多いのも国産ドッグフードの特徴です。こういった添加物は本来、犬にとっては全く必要のないものです。むしろ、長期的に摂ることで犬にとって有害になる可能性があります。そのため、国産のドッグフードを選ぶ際は、原材料に着色料や人工香料が使用されていないかどうか確認しましょう。

③原材料の原産地が中国という事も珍しくない!原産地を確認出来るドッグフードが良い

国産のドッグフードなんだから、原材料も国産に決まっていると思っている人も多いと思います。しかし、実際はそうではありません。国産ドッグフードの多くの原材料は海外産です。また、場合によっては中国産の原材料を使用している場合もあります。では、なぜ原産地は日本(国産)なのに、原材料は国産ではないことが多いのか。それは、ドッグフードの原産地は、最終加工を行う国が原産地という扱いになるからです。つまり、原材料がどこ産であろうが、最終加工の前段階の加工国がどこであろうが、最終的にパッケージングをした国が日本であれば国産ドッグフードとして扱われるのです。

そのため、”安全性”という事を求めて国産のドッグードを選ぶのであれば、原材料の産地も確認出来る、原材料も国産であるものを選びましょう。しかし、残念ながら、原材料の産地まで細かく公開しているドッグフードはほとんどありません。そのため、少なくとも「中国産の原材料は一切使用していません」と中国産の原材料の使用はしていないと明言しているドッグフードを選ぶようにすると良いでしょう。日本のドッグフードは価格が安いため、仕入れコストが安い中国産の原材料を使用していることも少なくないため、出来るだけ原材料が中国産ではないことが分かるドッグフードを選ぶようにしてください。

国産ドッグフードランキング!おすすめ出来るのはコレだ!

ランキング第一位:ドットわんごはん

2016y08m29d_131614885

「ドットわんごはん」原材料の原産地が細かく公開されている安心感が高いドッグフードです。山形産の玄米、三重・和歌山産の鶏胸肉、北海道産の昆布・ワカメなど国内の厳選された原材料を使用しています。どこの国のどのような原材料が不明確なドッグフードとは違い、どっとわんごはんは、厳選された国内の産地から直接原材料を仕入れているため安全性や安心感が高い国産ドッグフードになっています。ただ、第一主原料は肉ではないものの、消化率が良く栄養価も高い玄米を採用しています。また、国産に多い合成着色料や香料を始め無駄な添加物は一切使用されていません。

ランキング第二位:プリモ

2016y10m17d_155610367

プリモは、国産ドッグフードとしては珍しく、第一主原料に動物性素材である肉を使用している動物性素材中心のドッグフードです。第一主原料から第五主原料まで動物性素材を使用しているため、良質なタンパク質が確保出来る高タンパクドッグフードです。国産ドッグフードに多い添加物も使用していない無添加ドッグフードですので、安心して愛犬に与えることが出来ます。ただ、消化しづらいと言われている「コーングルテン」が配合されているため、コーングルテンにアレルギーがあるワンちゃんには注意が必要です。

ランキング第三位:ビッグウッド

2016y10m17d_140339955
ビッグウッドは、国産ドッグフードとしては珍しい、ヒューマングレード(人間が口にするのと同じ水準)の原材料を使用した高品質なドッグフードです。主要原材料の産地も確認することが出来るため安全性が高いドッグフードです。製造方法も優秀なドッグフードに多い低温調理法という方法で製造されているため、素材が持つ栄養素を破壊してしまうことなく、残すことが出来ています。そのため、愛犬に大切な栄養素をしっかり届けることが出来るのです。ただ、原材料は全てが国産というわけではありません。

その他ランキング外の国産ドッグフード

国産ドッグフードとして有名な「ビタワン」「いぬのしあわせ」「ウェルケア」「ビューティープロ」「愛犬元気」などのドッグフードはランキング外です。これらのドッグフードは原材料に穀類が多く使用されていることや添加物を使用していることも多いなどの理由からランキング外にしています。

犬・ドッグフード関連

カテゴリー