『ニュートロナチュラルチョイス』キャットフードの徹底評価【口コミ・評判】

ナチュラルチョイスは「高品質な原材料のみ使用」「肉を第一主原料に使うことを大切にしている」「原材料にも合成酸化防止剤は使わない」が特徴的なアメリカ産キャットフードです。

執筆:運営本部

ニュートロナチュラルチョイスの特徴

2016y06m06d_121301305

ニュートロナチュラルチョイスの基本情報

メーカー マースジャパンリミテッド
ブランド名 ニュートロナチュラルチョイス
商品名 室内猫用アダルトチキン
参考価格  3,240円/2kg(amazon価格)
1kg当たり 約1,620円
原産国 アメリカ

ニュートロナチュラルチョイスの特徴

  • 自然素材を厳選して使用
  • 原材料にも合成酸化防止剤は使用しない
  • ミートファースト

ニュートロナチュラルチョイスキャットフードでは、自然素材を厳選して使用することを徹底しています。安価で栄養価値の低い素材で作るのではなく、素材そのものにこだわり出来る限り自然の状態で栄養価値の高い素材を使うように配慮されています。また、使用する素材には厳格な基準があり、その基準を満たしていない粗悪な素材は納入しないことをモットーに使用する素材にとことんこだわったナチュラルフードを目指しています。

また、キャットフード業界ではペットフードの製造工程で合成酸化防止剤を使用しない事は珍しくはありませんが、原材料の油脂を仕入れる前の段階からも合成酸化防止剤を使用しないようにしているブランドは非常に珍しいです。ペットフードでは、メーカーが原材料を仕入れ、そこから製造する過程では合成酸化防止剤を使用していないけれども、原材料の一つである油脂類を仕入れる際に酸化を防ぐため納入元で合成酸化防止剤が使用されていることが多いのです。原材料を調達する前における添加物の使用に関しては原材料に表記する義務はありませんので、多くのメーカーの原材料である油脂類には原材料調達の前の段階から既に合成酸化防止剤が使われてしまっているケースがあります。その一方、ナチュラルチョイスでは原材料調達の前段階からも合成酸化防止剤を使用しないようにしているため、本当の意味での合成酸化防止剤不使用のキャットフードと言えます。

さらに「ミートファースト」「フィッシュファースト」と言って肉類或いは魚類を第一主原料にすることにこだわっています。猫は完全肉食動物のため動物性タンパクが非常に大切な栄養源になります。そのため、ナチュラルチョイスでは猫の高タンパク質の要求にこたえる形で質の良い肉や魚をメイン素材として使用しているのです。

ニュートロナチュラルチョイスの原材料と成分

原材料
チキン生肉、乾燥チキン、粗挽き米、エンドウタンパク、玄米、鶏脂*、アルファルファミール、ポテトタンパク、ビートパルプ、亜麻仁、タンパク加水分解物、オーツ麦繊維、大豆油*、ユッカ抽出物、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、緑茶抽出物、スペアミント抽出物
原材料の評価
第一主原料 チキン生肉
第二主原料 乾燥チキン
第三主原料 粗びき米
油脂類 鶏脂、亜麻仁、大豆油
アレルゲン 無し
酸化防止 ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物
添加物 無し
点数 20点/21点中

主要原材料

チキン生肉、乾燥チキン

ナチュラルチョイスキャットフードでは第一主原料にチキン生肉が使用されています。チキンをそのまま原材料として使用しており栄養価値が高い上に、生肉を使用しているため鮮度も抜群です。猫は素材の鮮度に敏感なため生肉のように鮮度の高い素材を使っているキャットフードの場合嗜好性が高まります。さらに、2番目の素材でも乾燥チキンが使用されています。チキン生肉に続き、こちらも栄養価値の高い素材が使われており、猫の高タンパク要求量を満たしてくれます。

粗びき米、玄米

ナチュラルチョイスでは穀物も使用されています。ただ、使用されている穀物も栄養価が高いものが主です。玄米は人間も白米よりも玄米を食べる方が健康に良いように玄米には白米よりも多くの栄養価が残っていますので、猫も白米よりも玄米の方が栄養源として優れているのです。ナチュラルチョイスではこのように栄養価値の高い穀物が使用されています。また、穀物によるアレルギーが気になる方は穀物フリーのものを選択すると良いでしょう。ナチュラルチョイスでは「スペシャルケアシリーズ」に穀物フリーのタイプも用意されています。

鶏脂

鶏脂は猫にとっては嬉しいリノール酸を豊富に含む素材です。リノール酸は被毛や皮膚の健康維持に役立つ必須脂肪酸の一つです。また、被毛の改善にはリノール酸と亜鉛をバランス良く摂取することが欠かせません。ナチュラルチョイスではこのリノール酸と亜鉛のバランスに配慮されているため、猫の被毛のコンディションを改善してくれることが期待出来ます。

ビートパルプ、オーツ麦繊維

ナチュラルチョイスでは腸内環境を整え便の状態を良くする原材料としてビートパルプ、オーツ麦繊維といった食物繊維系が使用されています。オーツ麦繊維は腸内の善玉菌を増やし善玉菌が優位な状態になることで腸内を健康にし便の状態を良くする効果があります。

また、ビートパルプには食物繊維が多く含まれていますので、腸のぜん動運動を活発化させ便秘などを解消する効果があります。ただ、ビートパルプに関しては賛否両論がある素材ですので注意が必要です。ビートパルプの製造方法は圧力をかけて製造する自然な方法であれば問題はありませんが、硫酸系の薬品を使用して製造する方法であれば問題があります。硫酸系の薬品を使用してしまうと薬品が素材に残留してしまいその副作用で逆に便秘気味になったり、下痢になったりすることがあります。ナチュラルチョイスではビートパルプに関する製造方法がどのような方法になっているのか記載が無いためはっきりとはしませんが、ペットフードで使われるビートパルプは安価で製造できる硫酸系の薬品を使用した方法で製造されることがほとんどです。

タンパク質加水分解物

タンパク質加水分解物はアレルギーを起こさないように配慮されたアミノ酸食材です。猫はタンパク質が原因でアレルギーを起こすことが多いので、それを防ぐためにタンパク質加水分解物が原材料に使用されることがあります。ただ、場合によっては逆にアレルギー症状が酷くなることもあります。

添加物

酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

ナチュラルチョイスでは使用されている添加物は天然由来の酸化防止剤のみです。合成酸化防止剤や合成着色料、香料といったものは使用していません。全て自然の素材を使っていますので、安心して愛猫に与えてあげることが出来ます。また、ナチュラルチョイスは原材料に使用されている油脂を仕入れる前の段階からも合成酸化防止剤ではなく天然の酸化防止剤を使用している貴重なナチュラルフードです。

たんぱく質 脂質 粗繊維 灰分 水分 炭水化物(推定)
33%以上 14%以上 7.0%以下 10.5%以上 10%以下 25.5%
マグネシウム カルシウム リン リノール酸  亜鉛 ビタミンE
0.1%以下 0.9%以上 0.5%以上 4.0%以上  300mg/kg以上  250IU/kg以上
タウリン ビタミンC
0.18%以上 50mg/kg以上
成分の評価
項目 目安 含有 評価
タンパク質 26%以上 33%以上
脂質 9%以上 14%以上
繊維質 4%以下 7%以下
灰分 9%以下 10.5%以下
水分 10%以下 10%以下
炭水化物(推定) 35%以下 25.5%%
点数 11点/18点中

成分から見る

ニュートロナチュラルチョイスではタンパク質が33%以上と高タンパクを実現させています。猫は高タンパクを要求していますので猫の栄養学的に理にかなった成分配合になっています。特にこのタンパク質の中身も優れています。タンパク質の中身は新鮮で栄養価の高い肉素材が使用されているのも評価できる点です。また、脂質も十分な量確保されています。脂質は猫のエネルギー源になったり、被毛や皮膚の健康を支える栄養素になります。

粗繊維は高めになっていますが、これは毛玉ケア対策として食物繊維の素材を多めに使用しているためです。飲み込んでしまった毛玉が体の中でどんどん大きくなり溜まっていくので防ぐために腸を活性化させる繊維質が多めに配合されているのです。

また、抗酸化物質としてビタミンCやビタミンEが配合されています。これらは健康を支える免疫力に働きかける成分で、人間同様に抗酸化物質によって自分の体を守る仕組みを高めてくれます。

ニュートロナチュラルチョイスのまとめ

総合評価
原材料の質 食いつき アレルギー対策
皮膚・被毛改善 腸内環境改善 安全性
点数
14点/18点中
全体の点数
45点/57点中
ランク付け
A・・C・D・E・F
良い点 悪い点
  • 栄養価値が高い素材を使っている
  • 余分な添加物を使用していない
  • 被毛改善が期待出来そう
  • ビートパルプが気になる・・・

ニュートロのナチュラルチョイスは栄養価値が高い素材を使っているため猫の健康を支えるのに適したキャットフードと言えます。安価で栄養価値が少ない肉が使用されることが多いペットフード業界ですが、ニュトロのキャットフードでは原材料の仕入れの段階で厳格化した検査を行い質の高い素材のみを厳選していますので、愛猫に鮮度が高く質の良い動物性タンパク質を摂らせてあげることが出来ます。猫の健康を維持するためには、いかに質の良い動物性タンパク質を与えてあげられるかが重要になります。

また、余分な添加物を一切使用せずナチュラルフードにこだわっている点も優れています。合成酸化防止剤は原材料の鶏脂を仕入れる前段階から使用していないことを明言しており、合成酸化防止剤を使用しないことを徹底させています。合成酸化防止剤不使用のキャットフードの多くは、仕入れる前段階では合成酸化防止剤が添加されているため、ナチュラルチョイスのように仕入れ前段階から余分な物は添加しないように徹底しているブランドは数少ないです。

余分な添加物は使用しない点が猫の被毛改善にもつながります。さらに、リノール酸と亜鉛をバランス良く配合しているためナチュラルチョイスは猫の被毛の状態を改善させることが期待出来ます。

ニュートロナチュラルチョイスは全体的に優れたキャットフードと言えますが、気になる点が一つあります。それは原材料に使われているビートパルプです。ビートパルプに関しては「原材料に使われる素材ではない」「そんなに問題はない」といったように賛否両論です。

ニュートロナチュラルチョイスの口コミ・評判

五段階評価:
3点/5点満点中【全1件の口コミ】)

口コミ一覧

  1. シロ より:

    ナチュラルチョイスを使っています。以前は便が軟便で掃除が大変だったんですが、快便が多くなり助かりました。ただ、ビートパルプが配合されているため、猫によっては逆に下痢気味や便秘になってしまう子もいるみたいです。私の知り合いはビートパルプ入りのフードが原因が原因かどうかわかりませんが、便秘になってしまったみたいです。フードを切り替えることで改善されたみたいなので、ビートパルプが合わない子にはオススメ出来ないかも。

    3

口コミを投稿する

ニックネーム・五段階評価・コメントをご確認の上、投稿してください。

猫・キャットフード関連

カテゴリー